2017 / 03
≪ 2005 / 03 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2005 / 04 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日(3月26日)は、北茨城市へ、
本日(3月27日)は、福島県いわき市へ行ってきました。。。

コノ看板を背負って・・・

IMG_2657.jpg

「がんばろう茨城!学生ボランティアチーム」の活動はコチラのブログで!
 「あしたの学校ブログ」

北茨城市の大津港や、福島県の小名浜を見て、
津波の恐ろしさを肌で感じました。

でも、大津波の被害に遭われた被災者の方々は、
私たちを笑顔で迎えてくれました。
いわき市の避難所の方がこう言っていました。

「家は津波に流されて、
両親とペットの犬を亡くした。
きれいさっぱり流されて、逆に諦めがついた。
あとは、もう笑うしかないと」


この言葉の重さに、私たちは何も言う言葉が見つかりませんでした。
そして、この言葉を発したご本人の笑顔に、逆に元気づけられたのです。

多くのものを失っても、人は「希望」を失わない。
その強さ、たくましさ、あたたかさに、ココロを打たれました(T_T)

私は震災直後から今まで、ずっと、作業服を着ていました。
職場ではもちろんのこと、夜寝る時も、常に作業服で過ごしてきました。
それは、緊急事態に対応できるようにするためでもあり、
就寝中に大きな余震が来ても、すぐに逃げられるようにするためでもあり、
「自分は被災者」という意識の表れてもありました。

でも、今日を境に、私は作業服を脱ごうと思います。

津波の被害に遭われた方々を目の当たりにした今にあっては、
ちょっと部屋にひびが入ったくらいで、
ちょっと物資の入手に苦労するくらいで、
「自分は被災者」などど称するのは、おこがましい。

被災者として過ごすのは、今日を限りとしよう。

「日常」を取り戻すこと。
それが「復興」への第一歩だと思う。

でも、自転車通勤と節電節水は続けます!
それが、震災後の私の「日常」だから。
スポンサーサイト

【No title】
おつかれさまです。
いわき市に行ってくださったのですね。有難うございます!!

柏木さんの書かれた最後の一文がストンと体の中に落ちてきました。
震災の前とは絶対的に違う日常だけれど、その日常をまた良くしていけるかどうかは一人一人にかかってるんですよね。
柏木さんの文章を通して、私もその方の笑顔に逆に力をいただきました。

私も今日、震災の後はじめてヒールをはいて仕事に行きました。
震災の影響もあって目まぐるしく忙しいですが、これがわずかばかりでも自分にできることなのだと思って、少しでも被災者の方のためになれるよう頑張ります!
【No title】
>まりまさん♪

 ひとりひとりの「日常」が良くなれば、それが「復興」につながって、
 たくさんの人の「日常」がもっと良くなれば、それが「発展」につながると私は思います。
 まずは、一人ひとりが一歩一歩進んでいきましょう!
この記事へコメントする















【柏木】

  • 管理人:【柏木】
  • ガンダム&音楽&
    古田敦也さん&
    堺雅人さん大好き!
    柏木のブログへようこそ!

リンク歓迎♪
ただし、アダルトサイトとのリンクは
固くお断りいたします。

記事内容と無関係もしくは、
管理人が不適切と判断した
コメント、トラバは削除させて頂きます。

言及リンクを含まない トラバは、
反映されません。
お手数ですが、
あなたのブログ記事に
当方のブログURLを
表示してください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。