2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あしたの学校」第2回目の授業に行ってきました(^O^)/
1時限目の授業は、アスパラガス農家の河原井先生の
「壁を超える力」です。

河原井先生は、知識も経験もない状態から、農業を始めたそうです。
当初は、周囲から
「こんな若造が、農業なんて出来るわけがない」
と、かなり批判を受けたそうです。

それでも、チャレンジし続けたのは、
「1番になってやる」という強い信念だったそうです。

この「1番」とは、他者と比較しての1番じゃなく、

「自分にとって、一番大切なもの、
一番夢中になれるもの」


という意味なんじゃないかな~と思います。


2時限目は、「言葉の力」をテーマに、
FMぱるるんパーソナリティの川崎先生の授業。

この授業には宿題が出ていました。
宿題→「自分のキャッチフレーズを考える」

オイラ・・・いいのが思い浮かばなくて、
苦し紛れに「えぇんとちゃいますか~」にしちゃいました(+_+)

川崎先生の授業で印象に残ったのは、

「世の中は『言葉』で動いている」

ということ。
「言葉」って「言霊」だと思うのです。
自分の口から出てくる音って、「チカラ」を持っていて、
その「音」がいろんなものに影響してくるのだと思います。
いわば、「呪文」みたいなもの。

「いい言葉」を使えば、
いい気分になれたり、いいことが起こったりする。
反対に、「悪い言葉」と使えば、
気分が滅入ったり、悪いことが起こったりする。

だから、私は、極力「いい言葉」を使うようにしています。
(あくまでも「極力」だから、たまには悪い言葉も行っちゃうけど(^_^;))

例えば、ある人の悪い部分が気になっても、極力、「言葉」にしない。
「言葉」に出してしまうと、
その悪い部分にばかり意識がいってしまって、
いい部分が見えなくなってしまう。
そして、その「言葉」を聞いてしまった他の人にも、
ある人の悪い部分だけを印象付けてしまう。
結果、言った本人も、言われた人も、それを聞いてしまった人も、
ネガティブになってしまう。

それよりは、「いい言葉」を使って、
自分も、周りも「いい気分」になった方が、はるかにいい。

「いい言葉」を使えば、自分の世界は楽しく、素晴らしいものになる。

私はそう信じています。


川崎先生の授業では、またまた宿題が出ました。

「自分のキャッチコピーを考えてくること」

って、前回と同じじゃん_| ̄|○
「言葉」って、難しいな~~
スポンサーサイト

この記事へコメントする















【柏木】

  • 管理人:【柏木】
  • ガンダム&音楽&
    古田敦也さん&
    堺雅人さん大好き!
    柏木のブログへようこそ!

リンク歓迎♪
ただし、アダルトサイトとのリンクは
固くお断りいたします。

記事内容と無関係もしくは、
管理人が不適切と判断した
コメント、トラバは削除させて頂きます。

言及リンクを含まない トラバは、
反映されません。
お手数ですが、
あなたのブログ記事に
当方のブログURLを
表示してください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。