2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2008/12/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

遅ればせながら、読んでみました。

これは、おとぎ話である!

竜巻に乗って空を舞う鯉とか、
巨大な鯉のぼりを背負って闊歩する黒髪の乙女とか、
日夜、意中の黒髪の乙女を追って七転八倒する青年の日常は、
非日常的な事象で満ちあふれている。

では、奇妙奇天烈なお話しばかりかというと、そうでもない。

この小説は、恋愛の甘酸っぱさで満ちあふれている!!

誰でも一度は味わったことがあるであろう片思いの切なさとか、
片思いであるが故の、笑っちゃうほどのもどかしさとか、
今の私にしてみれば、とてつもなく懐かしい感情が
(それこそ竜巻のごとく)渦巻いています。

この小説は、さえない大学生の甘酸っぱい恋を描いたおとぎ話です。
そして、読んでいるうちに自分も「二足歩行」してみたくなる、
とても楽しいお話しです(^o^)/
 ※続きは、ネタバレ有りです!ご注意ください!!

read more▼

【そうそう!】
確かに、現代のおとぎ話ですね!
今の話なのに、ぽっかりと異世界が
繰り広げられているというか。
その不思議な世界観が、なんとも
居心地がよいですよね(^^)

日記違いでありますが。
「花咲ける~」の愛蔵版、気になって
仕方なかったのですが。
その後…それは、なんという破壊力!(笑)
載るとしたら3,4巻なのですね。
文庫版を揃えたのですが…ああ、なんと
悩ましいっっ。

最後になりましたが、4周年おめでとう
ございます☆
で、よく考えたらうちも4周年が過ぎた
ことに今気づきました(^^;)>
思い出させて下さって、ありがとう
ございますv
【No title】
>まりまさん♪
 あまりに「異世界」すぎて、最初の頃は現代のお話しだと気づきませんでした(^_^;)
 不思議で独特の世界観が、森見先生の文体とマッチしていてなんともGOOD!でした。

 「花咲ける~」のその後は5,6巻あたりで載る思いますよ~(^^)/

 まりまさんも4周年でしたか!私は古田敦也さんがブログをめられたので「ならば、私も!」と始めたのがきっかけです。
 まりまさんのブログを始めたきっかけはなんですか?
この記事へコメントする















【柏木】

  • 管理人:【柏木】
  • ガンダム&音楽&
    古田敦也さん&
    堺雅人さん大好き!
    柏木のブログへようこそ!

リンク歓迎♪
ただし、アダルトサイトとのリンクは
固くお断りいたします。

記事内容と無関係もしくは、
管理人が不適切と判断した
コメント、トラバは削除させて頂きます。

言及リンクを含まない トラバは、
反映されません。
お手数ですが、
あなたのブログ記事に
当方のブログURLを
表示してください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。