2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まったりと、「新年会in民宿」の続き、行ってみよう!


民宿に先に着いた若手社員4人は、上司軍団を待つ間に、
すっかり、酔っ払ってしまった\(゜ロ\)(/ロ゜)/
遅れてきた上司軍団に、

「なんだか、みんな顔が赤いんじゃないの?」

などと突っ込みをいれられても、

「温泉が熱かったからですよ~(*^_^*)」
などと、誤魔化しながら、宴会開始!

あんこう鍋に火が通るまでのあいだ、新鮮な海の幸に舌鼓を打つ。
新鮮な刺身、ほどよい味付けの煮魚。。。
メイン(あんこう鍋)の前に、お腹がいっぱいになりそうでした。

そしてついにあんこう鍋完成!
味噌とあんこうのダシが絶妙!
「あんこうダメなんだよね~」などと言っていた非県民にも、
「騙されたと思って食べてみろ!」と無理やりあんこうを口に放り込んでやったら、

「何だこれ!?全然くさみがない!
しかも、メッチャ美味い!!」


と大絶賛\(^o^)/
きっと、彼が以前食べたあんこうは、鮮度の悪い安物だったのでしょう(^_^;)

そんなこんなで、宴もたけなわ。
民宿の仲居さんが「そろそろ、宴会終了のお時間です」と声を掛けてきた。
民宿の宴会は、開始から2時間までと決まっていたのです。
そこで、ハタと気が付いた。

「シメのおじやは?おじやのご飯、まだ来てないけど?」

そう、あんこう鍋のシメといえば「おじや」!
せっかく、おじやのために鍋の汁を残しておいたのに!
すると、仲居さんが
「ご飯なら、あちらにご用意してありますけど・・・」
と、宴会場の隅っこに、人知れず置いてあった炊飯ジャーを指差した。

・・・早く言ってよ・・・

炊飯ジャーは、宴会が始まった当初から、そこにあったらしい。
しかし、広い宴会場の片隅に置かれた炊飯ジャーは、
誰の目にもとまらなかった_| ̄|○

大急ぎでおじやを作り、大慌てでおじやを平らげ、
民宿の夜は更けていきました(*^_^*)
スポンサーサイト

【炊飯器】
鍋の最後っていうと、丼に盛られたごはんのイメージなのに、炊飯器ごと置いてあるとは思わないよね~

民宿、あなどれないわ~
【】
>あやちゃん♪
 炊飯器・・・しかも、学校の調理室に置いてあったような、
 懐かしい代物だったよ(^_^;)
 ホント、民宿はあなどれないわ~
この記事へコメントする















【柏木】

  • 管理人:【柏木】
  • ガンダム&音楽&
    古田敦也さん&
    堺雅人さん大好き!
    柏木のブログへようこそ!

リンク歓迎♪
ただし、アダルトサイトとのリンクは
固くお断りいたします。

記事内容と無関係もしくは、
管理人が不適切と判断した
コメント、トラバは削除させて頂きます。

言及リンクを含まない トラバは、
反映されません。
お手数ですが、
あなたのブログ記事に
当方のブログURLを
表示してください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。