2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに、この日がやってきてしまいました・・・
既に、神宮球場周辺はもの凄い人・ひと・ヒト・・・
今までに何回も神宮球場に足を運んできましたが、

内野席入場の際に、行列に並んだのは
2年前のファン感謝祭以来です\(゜ロ\)(/ロ゜)/


球場内では、まだ6大学野球が行われていました。
とりあえず、6大学のお客さんがいない席に案内され、しばらく6大学野球を観戦。
6大学野球
3時間19分の熱戦が終了した後は、両校の応援団によるエールの交換・・・
なんだか、久々に清々しい応援が見られました♪もうけ、儲け♪♪

予定よりも遅れて、スワローズ選手の入場!
大歓声に包まれて、ついにアノ人がやってきました。
最後の入場
今日もピンボケ写真になってしまいました(^_^;)

神宮球場での最後の練習。
最後の練習
この笑顔が・・・
最後の守備練習
この姿が、もう神宮で観られないのがとても残念です(/_;)

そして、スタメンの発表は、驚きの連続でした。
スタメン
不動の1番バッター青木が今日は4番です\(゜ロ\)(/ロ゜)/
代わりに1番に起用されたのは、古田監督が辛抱強く使い続けた田中・・・
監督の思いがにじみ出ているオーダーです。

そして、「5番、古田」のコールに球場は大興奮!!
さぁ!「古田劇場」の幕開けです!!


1回オモテに2盗塁を許すなどで、広島に3点をリードされてむかえた2回ウラ・・・
第一打席
古田敦也、今日最初のバッターボックス。
客席から「27」のボードが一斉に掲げられ、球場が「緑」一色に染まりました。
緑一色

第1打席はライトフライでしたが、ランナーを進めて得点につなげました。

その後の打席では・・・
大ファール
あわやホームラン!?という大ファールもありましたが、
ショートフライとセンターフライに倒れております_| ̄|○

そして、ついに、ついに、「古田敦也、神宮球場最後の打席」マウンド上には・・・

ナント前日に引退試合をした佐々岡投手が!!Σ( ̄□ ̄)!

球場は、割れんばかりの大歓声に包まれました。
注目の、最後の打席の結果は・・・
最後の打席

最後の打席2

最後の打席3

最後の打席4
ショートゴロ。それでも客席からは、暖かい拍手が送られていました。
そして、お互いに最後の対戦となった佐々岡投手に、
佐々岡に花
古田選手から花束が贈られ、場内は感動の渦に・・・

佐々岡投手、ありがとう!
佐々岡投手に投げさせてくれたブラウン監督、ありがとう!


打者・古田敦也からは快音は聞かれませんでしたが、
捕手・古田敦也は・・・

古田選手がプロ初ヒットを打った相手である、木田投手。
おそらく、一番多くの球を受けた、石井投手。
そして、一番多く試合終了後の握手を交わした、高津投手。
と、思い出深い投手達と最後のバッテリーを組みました。
最後のマウンドは高津


試合には残念ながら負けてしましたが、
1塁側のみならず、3塁側からも、古田敦也に声援が飛んでいました。
神宮全体が「古田コール」に包まれ、広島ファンも「27」のボードを掲げてくれた・・・

まさしく、球場が一体となって、「古田敦也」を見守っていた。
古田敦也が願っていた、「神宮をファンで一杯にしたい」
「ファンと一体となって、球場を盛り上げたい」
という夢が、今、実現している・・・

(夢が叶ったのが、「引退試合」というのが皮肉だが・・・)

場内、感動の渦に包まれたまま、「引退セレモニー」へ突入です!
 →次回、「古田敦也、引退セレモニー」へ続く・・・

そういえば、ガイエルの珍しいランニングホームランってのもあったけど、
完全に記憶の片隅に飛んでいってしまいました(^_^;)
スポンサーサイト

この記事へコメントする















【柏木】

  • 管理人:【柏木】
  • ガンダム&音楽&
    古田敦也さん&
    堺雅人さん大好き!
    柏木のブログへようこそ!

リンク歓迎♪
ただし、アダルトサイトとのリンクは
固くお断りいたします。

記事内容と無関係もしくは、
管理人が不適切と判断した
コメント、トラバは削除させて頂きます。

言及リンクを含まない トラバは、
反映されません。
お手数ですが、
あなたのブログ記事に
当方のブログURLを
表示してください。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。